医療クラークの資格を取るメリット

なぜ女性に人気?医療クラークという仕事には、こんなメリットが

出産や子育てで、女性はどうしてもキャリアにブランクができてしまいますね。また結婚相手の転勤に合わせ、退職せざるを得なくなることもあるでしょう。

もしブランクに関係なく再就職ができる仕事があれば…。どこに行っても、すぐにキャリアを生かせる再就職先があれば…。

この二つの問題を解決できるのが“医療事務”という仕事でしょう。

まず医療事務の仕事にとって、何よりも重視されるのが“経験”です。資格は持っていなくても、ばりばり働いている人もたくさんいます。ですから、たとえ出産などでキャリアにブランクができても、それまでに培ってきた経験を武器にして、再就職先を探すこともできるでしょう。豊富な経験に資格もあれば、まさに“鬼に金棒”ですね。

次に、“正社員”“パート・アルバイト”“派遣”という勤務形態があります。時間が比較的自由になる、あるいはしっかりとキャリアを積んで行きたいというのであれば、正社員や派遣社員で働くことを選べるし、逆に自由になる時間が少ないなら、パートやアルバイトで限られた時間を有効に使うこともできます。また、資格を取得した直後は、パートや派遣などで経験を積み、自信がついたら正社員として働ける病院を探しても良いでしょう。

医療事務という資格は国家資格ではありません。民間の認定資格です。しかし仕事内容は全国共通です(地方によって異なったとしたら、かなりコワい話ですね…)。またほとんどの町には、必ず病院があります。少し大きな町には総合病院もあります。ですから医療事務の資格があれば、どこに行っても就職先を探すことができます。今まで積み上げてきたキャリアを、諦めることもありません。

確かに、医療事務の収入だけで生活をするのは、難しいかもしれません。また前述したように、経験がものをいう職種ですので、40代に入ってから資格を取得し、職場を探すのは難しいかもしれません(全く不可能ではありませんが…)。しかし“キャリア”という面から考えれば、女性が一生続けられる仕事としてのメリットが充分あると言えるのではないでしょうか。