医療事務と医療秘書の違いとは

さらに高度なサポート業務『医療秘書』と医療事務の違いとは

医療事務と医療秘書の違い

医療機関でのサポート業務には、医療事務のほかに医療秘書という仕事があります。言葉のイメージではとてもよく似ている印象のある医療事務と医療秘書ですが、その仕事内容は異なったもので、実を言うと医療事務は医療秘書の仕事の一部でもあります。

医療事務の仕事は、窓口の受付やレセプト業務になりますが、医療秘書の仕事はそれらの知識が必要なのはもちろん、医師のスケジュール管理や書類の管理など、医師の秘書としての役割も果たす業務なのです。

医療秘書の仕事とは

医療秘書は院長、医局、看護部長、病棟など院内の様々な人や場所をサポートする業務で、どこのサポートにつくかによってその内容も大きく変わってきます。多忙な医療スタッフにかわり、スケジュールを調整し管理したり、来客や電話の応対、書類作成の補助や、医師が学会へ出席する時は同行することもあります。

また、病棟のスタッフたちを補助し、患者さんと医療スタッフの間をつなぐ『病棟クラーク』という仕事も担当します。この場合は患者さんと直接接することになり、患者さんからさまざまな質問を投げかけられるシーンもあるため、勤務している病棟に関する医療知識がある程度必要となってきます。

病棟に勤務する医療スタッフたちは日々の業務に追われ、なかなか事務作業に手が回らなかったり、一人の患者さんにかけられる時間も限っているため、医療秘書がその間に入って事務処理をしたり、医療スタッフとの間のパイプになったりするのです。場合によってはレセプト業務に参加することもあり、この場合は医療事務の知識も当然必要となります。

医療スタッフたちのできない雑務や手の回らない事務処理を一手に引き受けるため、医療秘書には患者さんとのコミュニケーション能力の他に、スタッフとの意思疎通を円滑にすることが求められます。町の個人病院などさほど規模の大きくない医療機関では、医療秘書をあえて置いているところは少ないですが、大学病院や総合病院など、たくさんの科があり多くの医師とスタッフ、そして患者さんが行き交う場所では非常に重要な役割といえます。大きな病院では、わざわざ医療秘書課を設けているところもあります。

医療秘書には医療事務よりも深く高度な知識が求められるため、専門学校などで専用のコースを設けているところもありますし、まずは医療事務としての経験を職場で積んで、キャリアアップとして資格を取得することもあるようです。