男性が医療事務の仕事を目指すには

女性有利の現状でも可能!?男性が医療事務を目指すためには

医療事務の現場は圧倒的に女性有利

医療事務の仕事は、深い知識と相応の能力があれば誰にでもチャンスのある仕事ですが、現状として男性よりも女性の活躍の場として広く知られています。実際、医療事務として働いているのは圧倒的に女性が多いです。病院の受付や会計窓口にいるのはほとんど女性……男性は見たことがないという方もいるのでは?

では何故、女性が有利とされているのか。それにはまず、主婦などをパートやアルバイトとして採用することで人件費を安く抑えられることが上げられます。医療機関の運営には人件費だけでなく、検査のための設備や道具を揃えるだけでも莫大な資金がかかります。そうしたこともあって、正職員を常勤で雇用するよりもパート採用して人件費を抑えたい、また男性が家族を養えるだけの給料を支払うのが厳しいという病院側の現実があります。

また、窓口などの受付業務で患者さんと接する際に、弱った患者さんの目から見て男性だと威圧感を感じてしまう、細やかな配慮や気配りは女性のほうが行き届くなどの理由もあります。

現在は求人を出す際に性別を限定した求人ができないようになっていますが、実際には女性向けとして医療事務の求人を出している医療機関はかなり多いです。

男性でも可能性はまったくのゼロではない

とはいえ男性でも医療事務への就職の可能性はゼロとは言い切れません。場合によっては男性が求められるケースもあるのです。それは、パートやアルバイトの医療事務スタッフをまとめる、管理職としての立場。小さな個人病院などでは難しいですが、総合病院や大学病院などの大きい病院になると、医療事務スタッフのまとめ役として男性の正職員が採用されることは少なくありません。

あなたが希望する医療事務の求人を見つけたら、まずはその医療機関を実際に訪れて会計窓口をよく観察してみて下さい。男性の職員がそこですでに働いているようなら、チャンスはゼロではありません。また、前述した総合病院や大学病院には、『医事課』と呼ばれる医療事務を専門に請け負う部門が設けられていることがあり、そこでは男性職員も活躍しています。

男性で医療事務を目指すには、ハードルは高いですが大きな病院に的を絞ったほうが就職への道は開けます。しっかりと医療事務の基礎知識を身につけた上でトライしましょう。