医療事務求人の高倍率をどう乗り切るか

高い倍率にくじけそうな人に知って欲しい、医療事務面接の切り抜け術

やはり倍率の高い医療事務の仕事

いざ医療事務の資格を取って就職を!と思った時に、その求人倍率の高さに愕然とする人は少なくないでしょう。そもそも事務職自体の倍率が高いものですが、近年人気急上昇で、未経験者が資格を取ってトライすることの増えた医療事務は、その求人倍率がぐんぐん上昇しています。

医療事務はその安定性から、結婚や出産などの事情がなければ退職する人が少なく、採用人数も1~2名程度がほとんどです。そこに、資格を取りたての未経験者や復職を考える経験者などがどっと応募するわけですから、狭き門となっているのは間違いありません。

高い倍率の求人をどう切り抜けるか

とはいえ、せっかく時間とお金をかけて医療事務を資格を取ったのですから、倍率の高さだけでくじけてしまうのは非常にもったいないと言えます。特に資格を取りたての人は、『この倍率で経験者にかなうはずがない……』と考えてしまいがちですが、そう思い込むのは早計というもの。

医療事務の仕事は、経験さえあれば、資格さえあればいいというものではありません。何故なら『患者さん』という、普通の状態よりも弱った人を相手にする仕事だからです。たとえ技術や経験があったとしても、患者さんに対して高圧的だったり他のスタッフとの協調性に欠けるような人では医療事務の仕事はできません。また、数多くの知識が必要な仕事でもあるので、資格を取得したことに胡坐をかかず、自分で積極的に学ぶ姿勢も重要視されます。

資格や経験があるのはもはや当たり前の状況ですから、それ以外の部分で医療事務の現場で求められているものを、積極的にアピールしていきましょう。とはいえ、協調性や人当たりの良さは性格的な面に大きく左右されますので、普段から気をつけておくことが大事です。

些細な瞬間、あなたは人に『ありがとう』と言えるでしょうか。ミスを指摘された時、素直に『申し訳ありません』と言えますか? 困っている人がいたら『どうしましたか』と声をかけられるでしょうか。医療事務の窓口業務は、病院の顔とも言えるため、そのような気配りができるかどうかは重視されます。それらは資格を取っただけでは決して得られないもの。自分の長所をどんどんアピールしながら、倍率に気後れすることなく積極的にトライしていきましょう。