医療事務と検査助手の兼任について

人手が足りない!医療事務との兼任が求められる『検査助手』の仕事

個人病院で求められる医療事務兼検査助手

医療事務の求人を見ていると、時折『医療事務兼検査助手』という募集を見かけることがあります。場合によっては『受付兼検査助手』という名目で募集されていることも。ですが、医療事務の資格は持っていても検査技師の資格なんて持ってない!と二の足を踏んでしまう方もいるのではないでしょうか。

まずは求人条件として掲げられている資格の部分をチェックしてみましょう。そこに医療事務の資格しか書かれていない場合、検査助手としての仕事の範囲は資格の必要ない範囲である、ということです。検査は、医師の指導の下で看護師や検査技師などの有資格者が行いますが、そのアシスタントならば無資格者でも行うことができます。

このような求人は主に個人病院で多く見られますが、スタッフの数に比べて患者数が多いなどという状況から、人手不足を解消するために求められていると考えていいでしょう。検査助手はあくまでもアシスタントなので、専門的な医療知識が必要な医療行為をすることはできません。

募集条件に臨床検査技師などの資格が記載されていないならば、医療事務の資格だけを携えて億せずトライしてみるのも良いかもしれません。兼任ということは仕事内容は倍なので大変かもしれませんが、そのぶんスキルアップにも繋がります。

診療補助、看護補助……デスクワーク以外にも求められる業務

人手不足になりがちな小規模の個人病院では、検査助手に限らず診療補助、看護補助などについても医療事務と兼任を求められることがあります。こちらもやはり無資格者でもできる補助的な仕事、例えば器具の洗浄や片付けだったり、ちょっとした患者さんの補助などが上げられます。場合によっては『医師や看護師の手が回らない雑務は任せます』といわんばかりに雑務が回ってくることもあります。

助手や補助の仕事は雑務かもしれませんが、その雑務がおろそかだったばかりに医療事故へ繋がることもあるため、慎重さと正確さが求められます。メインの仕事は医療事務だったとしても、それらの雑務もきちんと誠実にこなせるかどうか、自分の許容量を考えてから検討してみて下さい。