医療事務で就職する際の、志望動機の書き方

病院へ医療事務で就職するために。志望動機はこう書こう

履歴書を書く時は、誰でも緊張してしまうものです。学歴・職歴欄は間違いがなければそれですみますが、一番困るのは“志望動機”欄ではないでしょうか。ましてやどうしても採用されたい病院の履歴書ともなると、良かれと思って書いたことが、逆に悪印象を与えてしまうのではないかと心配になり、ますます何を書いたら良いか、解らなくなってしまいます。

このような時は、まず一端ペンをおいて、大きく深呼吸。そして自分が採用担当者になったと想像してください。あなたは、どのような人を採用したいですか。事務能力に長けている人でしょうか。それとも接客の上手な人でしょうか…。だいたいのイメージが掴めたら、今度はその“採用したい人の人物像”に自分の得意なことや、長所を当てはめてください。自分のどのような特技をどんな風に生かしたいか、なんとなく解ってきましたね。そしてその得意なことや長所を、思いっきりアピールしましょう。医療事務の経験者なら、「前の病院ではどんな仕事をしてきて、それをどのように生かしたいか」。また未経験者の場合、たとえば接客業経験者(かなりアピールポイントになります)なら、「どのような仕事をして、それがどれほど評判が良かったか。そしてそれをどう生かしていきたいか」、をアピールしてみましょう。

また採用担当者も、人の子です。ただ漠然と「医療事務の仕事に興味を持ちました」「病院で働きたいです」では、別に他の病院でも良いだろうと思ってしまいます。なぜ医療事務の仕事をしたいか、なぜその病院に応募したのかを、なるべく具体的に書くと良いでしょう。たとえば、「家族が貴院にお世話になり、その時の職員の方のご親切な対応で、不安感がなくなりました」「患者さんの不安な気持ちに、少しでも寄り添って差し上げたい」など、いろいろありますね。

ちなみに「自宅から近いので」は、あまりお勧めできません。別に近くの病院ならどこでも良いと、みなされてしまうからです(「自宅から近いので、緊急時には駆けつけられます」は、説得力があるかもしれません。ただし、これを言ってしまったら、夜中にたたき起こされることも、覚悟してください)。

応募先の病院のホームページは、必ずチェックし、基本方針などもよく覚えておきましょう。時間が許すなら、一度足を運んで見るのも良いでしょう。それを参考に、志望動機を考えてみるのもお勧めです。

病院に限らず、どのような職種でも、熱意のある人を採用したいものです。面接では、笑顔ではっきりと応対しましょう。そして採用の暁には、患者さんに寄り添った職員さんを目指してください。