人気の医療事務、実際の仕事内容とは

レセプトの作成や窓口業務…、医療クラークの仕事内容を教えます

女性が一生働ける仕事として人気の医療事務ですが、実際の仕事内容はどのようなものでしょうか。

・レセプトの作成:レセプトとは、医療費の中から患者の負担分を差し引き、保険者に請求するための書類(診療報酬明細書)です。今はレセコンという、レセプト専用のコンピューターを使っているので、以前のように手計算はしませんが、処置、検査、処方薬などのデータを正確に入力しなければなりません。このレセプトは、翌月の10日までに、1ヶ月分をまとめて審査機関に提出しなければならないので、月初めは残業が多くなります。

・受付業務:初診や再診患者の受付、案内です。その病院の“顔”なワケですから、重要な仕事です。一見簡単そうに思えますが、具合が悪くイライラしている人や、わがままな患者の相手をすることもあるので、時にはストレスも溜まります。苦情を言われることもあります。

・会計:医療費の中から患者負担分を計算し請求、会計処理します。

・カルテの管理:初診患者のカルテの作成、受診患者のカルテの準備や管理です。また、処置や処方箋の内容の入力なども、仕事範囲に入ります。

・その他雑用:病院によって様々ですが、掃除やコピーとり、事務作業、看護師の助手、お使いなどが入ってくることもあります。

・病棟クラークの場合は、入院患者の入退院の手続きや、診療内容をカルテに入力したり、また看護師の助手や事務作業などがあります。

大きな病院の場合は、分業化されているので、全ての仕事を一人で担当するということは少ないようです。個人病院でも、規模によっては毎日定時に帰宅できたり、また座るヒマがないほど忙しかったり様々なようです。

また病院によって、仕事の流儀などが違ってくるので、作業の進め方、仕事の範囲などは、就職した病院に問い合わせるのが一番です。中には忙しいわりには待遇の悪い病院もあるので、面接の時に、疑問点は全て解消し、第六感をフルに活用して職場を選ぶのが良いでしょう。