人気の医療事務の需要はあまり多くない

CMでは「お勧めの資格」と言うけど、医療事務の需要は多いのか?

「一生役に立つ資格」「出産後も再就職できる」、TVコマーシャルやインターネットでよく見かける広告ですね。お金をかけて苦労して資格を取得しても、就職口がなければお話になりません。実際に、医療事務の仕事の需要は多いのでしょうか。

正直に言って、女性に人気のある資格ランキングの、常に上位に位置している資格なので、保有者は年々増え続け、飽和状態になっています。ですから求人を出しても応募者が殺到しているというのが、現状です。そうなると優遇されるのは、やはり経験者で、資格を持っているだけでは、“強み”にはなりません。就職までフォローしている専門学校もありますが、実際には必ず就職先が見つかるというわけにはいかないようです。

また、仕事量の割には給料が安いとも言われています。もしこれから資格を取って、医療事務の給料のみで生活していくのであれば、難しいと言わざるを得ないでしょう。

しかし病院は必ず必要な施設です。不足しているのが現状で、高齢化も進み、これから減っていくとは考えづらいでしょう。

もし医療事務の仕事に就きたいなら、大手の総合病院よりは、個人病院をねらう方が良いでしょう。大手はやはり専門学校の派遣が優先的に配属されます。ですから近所の病院の求人をまめにチェックしてみたり、直接電話で問い合わせてみても良いでしょう。子供がかかりつけの病院に声をかけておいて、就職先が決まったというケースもあるそうです。

これから求人が増えそうだといっても、現状では医療事務は飽和状態なのが現状です。もし他業種からの転職を考えているなら、無理して医療事務の資格を取るよりは、自分の今までの経験を生かした仕事の方が、結果的には収入にも繋がるし、長く働けるかもしれません。なぜ医療事務の仕事に就きたいのか、資格を取って何をしたいのか、専門学校なり通信講座に申し込むなりする前に、もう一度、自分自身に問いかけてみましょう。

しかし、どうしても医療事務の仕事がしたいというなら、もう迷う必要はありません。資格取得者が飽和状態といっても、求人が皆無ではありません。資格を取得し就職先も決まったら、どんな風に仕事をしたいのか、どんなことをやりたいのか、具体的にイメージしながら、強い意志を持って、医療事務という仕事にチャレンジしてください。