未経験からの医療事務への転職について

未経験から医療事務へ転職を考える人が知っておくべき現状と資格

全てゼロでは医療事務への転職は難しい

近年、医療事務への転職を目指す人は大変増えています。一度技術を得ればどの医療機関でも働ける、ほかの業種に比べ医療機関に対する世間の需要は高く職場が安定しているなど、その理由は様々だと思います。ですが医療事務の仕事は、全くの未経験で資格もないという全てゼロの状態で転職するのは、非常に難しいと考えたほうが良いでしょう。

まれに、資格もいらない未経験でも構わないという求人が出ていることがありますが、そのような求人には応募が殺到し非常に狭き門となります。また、全くのゼロから必要な知識を働きながら身につけなければならないため、一日が仕事に関する勉強だけで終わってしまうということもあり、転職後に負担を感じるケースも。

医療事務に転職するなら、経験か資格、そのどちらかは欲しいものです。中途採用の場合は特に経験が求められますが、事前に知識があれば未経験でも比較的スムーズに仕事に入っていけるでしょう。現場で全てゼロから覚えるよりは自分自身の負担も軽く済みます。これまで他業種で働いていたけど、資格を取って医療事務に転職したという人の話はよく聞きますので、資格取得することで未経験でも採用の可能性はゼロではなくなります。

どんな資格を取ったらいいのか

医療事務の資格と一口にいっても、いくつか種類があり、医科、歯科、調剤で求められるものが異なります。よく知られているのは医療事務管理士認定試験、診療報酬請求事務能力認定試験、医療事務技能審査試験。これらの資格は主に医科や歯科で求められるもの。医科に対応した資格としては他にメディカルレセプションクラーク、医療秘書技能認定試験、医事管理士などがあります。調剤の場合は調剤報酬請求事務専門士検定試験、医療保険調剤報酬事務士などの資格が上げられます。

医科、歯科と調剤で求められる資格が大きく違うのは、調剤の場合は処方箋や管理している薬の服用歴などについての知識も必要とされるからです。医療機関といっても、自分がどの医療機関で働きたいのかを資格取得の前にはっきりしておいたほうが良いかもしれません。せめて、病院か調剤薬局かは方向性を定めておいたほうが良いでしょう。

医療事務に転職するためにはこれを取っておけば他の有資格者より圧倒的に有利、という資格ははっきり言うとありません。というのも医療事務の資格は国家資格ではなく、現段階では民間の資格だからです。とはいえ医療事務の資格は、『私は医療事務の仕事に対する知識がある』という証明書のようなものであり、持っているのといないのではやはり大きく違います。経験がないのならせめて資格は取得し、知識を高めておきましょう。スキルアップのためにより難易度の高いものに挑戦しておくのも良いのではないでしょうか。