女性に人気の医療事務、実際の年収

根強い人気の医療事務。気になる年収は、どれくらいか

「安定した就職先」「再就職が可能」など、医療事務の専門学校の広告では、よく目にしますね。でも一番気になるのは、実際の年収がどれくらいか、一人暮らしをするのに充分な収入が得られるかだと思います。

人間が生きている限り、病気にもなるし、怪我もします。ですから“病院”というニーズがなくなることは決してないでしょう。しかし医療事務の平均的な年収は、仕事量の割にはあまり高くないと言わざるを得ないでしょう。

病院によっていろいろなので一概には言えませんが、
・20代:240万〜300万円
・30代:250万〜300万円
・40代:250万〜350万円
となります。昇級は、あまり期待できません。一般事務の年齢別の年収が、20代で270万〜300万円、30代で300万〜350万円、40代で300万〜400万円に比べると、少し悲しくなりますね。

派遣の場合は、時給800円〜1300円、パート・アルバイトでは、時給800円〜1000円くらいが一般的です。

就業時間も、残業が全くない病院もあれば、夜遅くまで対応している病院では、診療時間に伴い終業時間が遅くなったり、シフト制になったりもするでしょう。また仕事量も、受付のみもあれば、本来の業務の他に雑用や掃除などがあり、座る間もないといったこともあります。

医療事務だけで生計を立てていくのは、少し難しいかもしれません(もちろん、キャリアを積んで高収入の 方もいらっしゃいます)。しかし若い時から経験を積んでおいて、結婚後の再就職に役立てるには良いかもしれません。