医療事務では、年齢より経験が重視される

医療事務で働きたい。年齢、経験、重視されるのはどちら?

結婚して子育ても一段落し、再就職したい、また結婚や転勤の引っ越し先でも働きたい。このような場合でも、医療事務の仕事は見付けやすいと言われています。どこの町にも、だいたい病院はあるし、少し大きな都市には総合病院もあります。ここで一番気になるのが、年齢制限ですね。やはり20代の若い女性が、一番有利なのでしょうか。

まず雇う側では、どんな人材を希望するのかを知る必要があります。病院によって様々ですが、一般的にやはり一番求められるのは、医療事務の資格を持っていて、且つ経験もある人材でしょう。次は、資格はないけれど経験のある人材です。そしてその次に、経験はないけれども資格がある人材ということになります。

医療事務の仕事は、患者と接することが多くなります。どんなに温厚な人でも、具合の悪い時にはイライラしてしまいます。また待合室で長時間待たされて、機嫌の悪い人もいます。話のなかなか通じないお年寄りもいます。このような患者を案内したり、なだめたり…、やはり何よりも経験が必要になってきますね。また、待合室が混み合っている時は、事務処理をてきぱきと迅速にこなさなければなりません。病院側が即戦力として、経験者を求めるのも頷けます。

もちろん例外もあります。特に個人病院では、なまじ経験があると「前の病院では、こんなムダなことしなかった」などと言われ、トラブルが起こるので、あえて何も知らない未経験者を雇い、一から教えたいという所もあります。またスタッフの年齢が20代、30代が中心の職場なら、やはり40代以上の人は、いくら経験豊富でも、難しくなるでしょう。窓口を担当させる人材が欲しいので、やはり若くて華やかな人を雇いたいという場合もあります。

一概には言えませんが、経験者を求める場合は、30代、40代を、未経験者なら20代を雇うのが一般的です。そして患者数の多く忙しい病院では、急な残業やシフトなどに柔軟に対応してもらうため、やはり子供の手が離れ、時間的に融通のきく30代後半から40代が有利といえるでしょう。